最近観た映画(3-5月)と見そびれメモ

 

最近とは??? って感じ。半年サボってしまった。

記憶を掘り起こしながらのメモ。

 

ドラえもん のび太の月面探査記

doraeiga.com

特にドラえもんに思い入れがあるわけじゃないんだけど、脚本が辻村さんだというので観た。
いやーほんっと辻村さんの台詞回しはいいよねえ。誠実な言葉なのに熱血でグッとくる!

 

あとは全体的に演出が冴え渡っていたなっていう。

序盤、のび太が例によって「遅刻遅刻~」って慌てふためき階段から落ちるシーンがあるんだけど、そこでぶちまけたランドセルの中身にね、教科書やノートに混じって「ビニール袋に入った食べかけのコッペパンが出てくるんですよ。
すごくない???

のび太はランドセルの留め具をきちっと留めない粗忽者
・前日の給食の残りを持って帰ってきたまま忘れている
・ということは、おそらく教科書も前日の時間割のままである

その3秒とか4秒のワンシーンで「ああ、のび太ってそういう子だったよな」って思い出すんだよ。
あの演出が、わたしのようにTVシリーズも久しく視聴してない大人のためのカットだったのかはわからないけど、とにかくあのワンシーンで「こいつぁ期待できるぜ」って作品への信頼度がぐっと上がったよね。

 

隣の席にお母さんと来てた4~5歳くらいの子がいて、集中力持つかなあ、がんばれ~と思ってたけど、めちゃくちゃ前のめりで一生懸命見ててかわいかった~!!

 

 

★アリータ: バトル・エンジェル

www.foxmovies-jp.com

アリータ男見る目なさすぎ。
パパのほうが百倍いい男じゃんよ!!!!
ってずっと思いながら見てたけど、まぁでもアリータも十代の女の子だし、あの優しいパッパに煩わしさを感じてダメ男に惹かれちゃうわな……。

お父さん(ドクター)がすごいいい男なんだ、優しいし誠実だし信念があってそれを実行する行動力と意志もともなってるし。
それでいてアリータのことになると過保護で心配性だし。でも最終的には信じてくれるし~。

モーターボールの試合前のそわそわがかわいくてニコニコした~


銃夢はちゃんと読んだことないので原作との相違はよくわかんなかった。
賞金稼ぎの小悪党くんどっかで見たことあるなと思ってたらデップーのフランシスくん!!
顔立ちが嫌味なくらい整ってるからだろうか。この人こんな役ばっかだなw

 

 

 

THE GUILTY ギルティ

guilty-movie.jp

めっっっちゃ面白かった!!
誘拐された女性からの緊急通報を受けた警察官が、音と声だけを頼りに事件解決に奔走するサスペンス。
最初から最後まで署内のコールセンター内だけでドラマが進行していくワンシチュエーションもので、「search」とよく似た感じなんだけど、緊張感の種類が違うっていうか、わたしはこっちのほうが断然好き。


わたしの個人的な印象なのか、意図的にそういう演技をしてたのかわからないけど、主演のヤコブ・セーターグレンという俳優さん、表情がアップで映ってもいまいち感情が読めないというか、ちょっと得体の知れない雰囲気があって、二重三重の緊張感が張り巡らされてるようでめちゃくちゃよかった。瞳の色素が薄いせいかなー。

 

ネタバレになっちゃうので詳しくは申せませんが、ギルティってタイトルの意味がだんだんと浮かび上がってくるような構成がほんと秀逸。
ジェイク・ジレンホールでハリウッドリメイクが決まってるらしいのでそっちもめちゃくちゃ楽しみ!

 

 

 

★グリーンブック

gaga.ne.jp
今年の期待外れNo1かも。
ちょっと色々と思うところがありすぎた。
このご時勢にわざわざこのテーマを扱ってこれしか出来ませんでしたか?という。

 

 

 

★移動都市/モータル・エンジン

mortal-engines.jp
TLで一切話題になってなかったけどハチャメチャに面白かったよ!!!
原作者もバカだけどこれを映画にしてしまったスタッフ陣も相当な愛すべきバカ。(賛辞です)
なにしろ「動く都市」の描写がすごい。どう見ても物理法則を無視した動きで格納されていく都市!!
しかも動力がなんか……なんかあの……鉄クズを溶鉱炉でざくざく燃やすっていう!!!
まだカルシファーのほうが説得力あるわ。


原作未読なんでここらへんちゃんと科学技術が描写されてるのかわかんないんだけど、とにかく映画の描写がバカとカッコイイの中間くらいでとてもよかった。
特撮の巨大ロボが発進するシーンみたい、といえば伝わるだろうか。
こまけぇことはいいんだよ、みたいな、勢いだけで魅せてるのがとても胸熱。そうそう、こういうのでいいんだよ!!

VFXの動く都市が目当てだったので正直ドラマはまったく期待してなかったんだけど、わたしの大好きな「自我を持った人工知能の葛藤」ネタがぶっこまれていて人間ドラマもめちゃくちゃ楽しめた!!
しかも幼女(少女)×殺戮マッシーンっていう……最の高の組み合わせ!!ありがとう!!


反都市同盟の本拠地、シャングオの描写もよかったなあ、あの世界の暮らしや宗教を延々と夢想するよね。

博物館にミニオン像が古代の神として保存されてたり、トゥインキーが保存食として扱われてたり、随所に小ネタが織り込まれてたりして面白かった。

 

 

 

★アンダー・ザー・シルバーレイク

gaga.ne.jp

「イット・フォローズ」のデヴィッド・ロバート・ミッチェル最新作。
イット・フォローズみたいなホラーを想像してたから、観終わった時宇宙猫みたいな顔になってしまった。
最初からこういうものだと思って観てれば面白かったのかもだけど、観てる最中、いつホラーになるのかな……って思いながら観てたからめっちゃ疲れたw

サム・ライミを観に行ったはずなのに、出てきたのがホドロフスキーだった、みたいな……。スイーツ食べに行ったらプルコギ丼出てきたみたいな……。(伝われ)

 

たぶんわたしと同じような期待をして観に来てた人も多かったっぽくて、1時間くらい経った時、前列のおじさんがいびきかいて寝始めたw
まず、これはシルバーレイクっていう土地の特殊性が知識としてないと面白みがわからないんじゃないかと思う、アメリカの事情に特に詳しい日本人以外は、鑑賞前に予習が必要な類の映画。
わたしは後から町山さんの解説を読んでようやく腑に落ちた部分も多かった。

 

miyearnzzlabo.com

イット・フォローズが面白かったから気になるな~という人、いいですか、これはコメディ映画です。コメディです。悪夢版ララランドです。そこんとこよろしく。

独特の雰囲気があるので、こういうのめっちゃ好きな人は好きだと思う。わたしは残念ながら刺さらなかった、っていうかイット・フォローズみたいなのが観たかったんだよう(泣)

 

 

 

バンブルビー

bumblebeemovie.jp
めっっっちゃよかった、結局トランスフォーマーシリーズは未履修のままだけど、シリーズ知らなくてもこれは単体でめっちゃおもしろかった。
もうさ~~~バンブルビーがかわいいのなんのって……。

 https://twitter.cm/l0xhttps://twitter.com/l0x0U/status/11108588875093688320U/status/11108588

でかい図体をせいいっぱい小さくしようと縮こまる格好はもちろんなんだけど、戦闘が始まった時にチャーリーを安全な場所(ゴミ箱)に隠す時の手つきが~さ~あ~もうあのシーンだけ100万回リピートしたい。
博士といい少佐といい、チャーリー以外の人間があまりにも単純なので、ディセプティコン「この星めっちゃチョロい」って通信されてそう。


ヘイリー・スタインフェルドめっちゃよかったよ!!スウィート17モンスターの時からファンです!!

www.sweet17monster.com
アメリカ版こじらせ女子というか、口を開けば憎まれ口、やることなすこと裏目に出る!っていう女の子の話。
自分の十代頃思い出してアイタタっなるけどすごくかわいくていい映画だよ~。また教師役のウディ・ハレルソンがいい味出してるんだ!!

 

 

 

キャプテン・マーベル

marvel.disney.co.jp

良すぎて泣いた。MCUで一番好きかも。力ってなに? ヒーローって何? みたいなコアな部分をグツグツ煮詰めたキャラクターだった。

ネコチャン!!!!!!!!!!!!

ブリー・ラーソン、「ショート・ターム」の時からすごい女優さんだなあと思ってたけど、「ルーム」とか社会派なイメージが強くて、観るまでは「この人がアメコミヒーロー???」ってちょっと違和感があった。
すみません最高でした。ありがとうブリー・ラーソン!!!!!!!一生ついてくよ!!!!
そしてネコチャン!!!!!!

 

なんかこの人演技力が高すぎて実年齢より老成して見えるんだけど、今回一番若く見えたw
フューリーの「友人」としてのキャロル、数多のヒーローたちの中でも特殊でスペシャルな力を持ったヒーロー、そしてアベンジャーズ結成へと繋がるすべての礎としての存在、どの彼女としても説得力があった。

作中、NoDoubtの「Just A Girl」が流れるめっちゃいいシーンがあるんだけど、歌詞が、歌詞がさ~これまんまキャロルなんだよ!!

 

 

【ここからネタバレ注意】

 

 


スペース・ストーンの力を取り込んだことで単身でも宇宙空間を移動できるという、ヒーローの中でももはやチートに近い力を持ったキャロル。
ストーリー上は「事故」なんだけど、これキャロルじゃなければ普通に死んで終わりだよね。
女性としてずっと抑圧され、何度転んでも、何度お前には無理だと諭されても不屈の精神で障害をはね除け立ち上がってきたキャロルだから、スペース・ストーンの桁外れのパワーにも負けなかったんだと勝手に解釈したよ。

ただの猫大好きおじさんとしてのフューリーもよかったw
あんな神妙な顔で「この目は昔信頼していた相手にやられてな……」ってキャップに語っておいてからに、ねこ構いすぎてねこパンチ食らっただけやないかーい!

 

 

 

★ブラック・クランズマン

bkm-movie.jp

4月はこれだけ。5月の原稿の追い込みと体調崩してダウンしてたのでほとんど映画館に行けず。
でもこれだけは観られてよかった!!

圧倒的だった。これがちゃんとエンタメになってるのがすごい。物語とは、フィクションとはこういうものを表現するためにあるんだなあって。

トークリー・カーマイケルも知らなかったくらい無知なので、きちんと向き合わねばと本を何冊か読みました。


それはそうと、映画館で胸を掻きむしるほどアダム・ドライバーがかっっっっこよくてですね……。
この人の声好きだなあ~、ボソボソっとしゃべるのに存在感あって。

 

 

 

★名探偵ピカチュウ

meitantei-pikachu.jp

5月はエンドゲームとこれのみ。引き続き寝込んでおり、ずっと楽しみにしてたこの二本を観るのがやっとだった....。

いい大人がよってたかって莫大な予算をつぎ込み「ポケモンと暮らす世界」を具現化しちゃったよ……。
わたしが想像できる範囲の中では最高の実写化だと思う。
もーとにかくしわくちゃのピカチュウが可愛すぎて、黄色いモフモフを目で追うのに必死になるあまり、字幕をところどころ読みそびれるという現象まで起きる始末。
レイトで観に行ったので、お客さんみんないい歳の大人や若者カップルばっかりだったんだけど、最初にピカチュウが出てくるシーン、スクリーンで見る黄色いモッフモフのあまりの破壊力に、さざなみのようなどよめきが起きてて面白かったw

ただ、モフモフに惑わされがちだがストーリーは基本的にかなりシリアスだしけっこう重い。
「あれっ……なんか思ってたよりだいぶ……深刻ですね……?」ってなるんだけどスクリーンの中の黄色いモフモフがあまりにもラブリーかつなごむのでその温度差に最初めちゃくちゃ戸惑った。

 

トレーラーではほとんど出てこなかったコダックがめちゃくちゃかわいかったな~!!
ルーシーに背負われてるとこ、最早そういうリュックか何かにしか見えないよ~かわいい~。
ルーシーも初めは「あっ苦手なタイプのヒロイン」て思ったけど、コダック連れ歩いてすごい大事にしてるとこ見て「めっちゃいい子じゃん!!!!」ってなった。

チャイルドシートに座るピカチュウのかわいさどうかしてたよね……なにあれ……。

 

あとは映画スタッフの、「ミュウツーの逆襲」へのすごいリスペクトを感じた。
実写のミュウツー像が完全に劇場版「ミュウツーの逆襲」のミュウツーだったもん。キャストさんの声質や演技もかなり市村さんのミュウツーを意識してるなって感じしたし。

 

ただ正直オチに関しては「えっあっ……そう……」てなったかな。↓ネタバレ

 

fusetter.com

 

 

アベンジャーズ/エンドゲーム

marvel.disney.co.jp

 鑑賞直後の、様々な思いが去来しすぎて感情が大渋滞中の殴り書きメモ↓(ネタバレ全開)

fusetter.com

とにかくありがとうとしか言えないです、ありがとうねキャップ。

 

 

 

★3~5月観そびれメモ 


岬の兄妹
ウトヤ島、7月22日
シンプル・フェイバー
スパイダーマン・スパイダーバース
マイ・ブックショップ
ふたりの女王 メアリーとエリザベス
ビリーブ 未来への大逆転
ダンボ

 

孤独なふりした世界で
バイス
芳華-Youth-
ある少年の告白
キングダム
イメージの本
バースデー・ワンダーランド
リアム16歳、はじめての学校

 

ドント・ウォーリー
ガルヴェストン
ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス
ベン・イズ・バック